日本にカジノを

日本にカジノを−TOP

最前線リサーチ

第1回衆議院議員アンケート

埼玉8区

埼玉8区

柴山 昌彦  しばやま まさひこ 議員

自由民主党

(2007年9月ご回答)

問1.

カジノについてお聞きします。日本でのカジノ創設を実現するための、カジノ法案がほぼ完成していますが、カジノについてどのようにお考えですか。

答1-1.

日本でのカジノは早期に創設するべき。(賛成)

問2.

問1でお答えした理由がありましたらご記入下さい。

答2-1.

「カジノ法案に関し、議員として総合的に検討し、望ましい立法案につき検討・推進してこられたという実感がある。現在の内容は経済活性化・観光誘致のためにも、早期に実現すべき」

問3.

パチンコについてお聞きします。日本のパチンコについてどのようにお考えですか。

答3-3.

その他
「カジノ法案と合わせてその再検証を行うべき」

問4.

パチンコについてお聞きします。現在、日本では風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第23条により、ホール・景品交換所・景品問屋(いわゆる3店方式)などと、経営主体を分ける事でパチンコ店の換金システムが成り立っていますが、この点についてどのようにお考えですか。

答4-2.

日本でカジノが認められると、パチンコとの整合性を検証する必要が出てくるので、当面、パチンコでは、3店方式などによる現在の換金システムを続け、カジノが合法化されてから、パチンコホール直接換金の法的整備を検討するべき。(パチンコ賛成、3店方式撤廃猶予派)

Copyright © 2006-2017 日本にカジノを,All rights reserved.