日本にカジノを

日本にカジノを−TOP

最前線リサーチ

最前線リサーチ

 カジノに関するご意見を日本のオピニオンリーダーに伺い、分析するコーナーです。国会議員の方々に対するアンケートを以下の内容で行っております。ご協力ありがとうございました。
第1回衆議院議員・第1回参議院議員アンケート内容

問1.

カジノについてお聞きします。日本でのカジノ創設を実現するための、カジノ法案がほぼ完成していますが、カジノについてどのようにお考えですか。以下の5つからお選び下さい。

答1-1.

日本でのカジノは早期に創設するべき。(賛成)

答1-2.

もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき。(どちらかと言えば賛成)

答1-3.

日本でのカジノは認めるべきでないが、世論を重視したい。(どちらかと言えば反対)

答1-4.

日本でのカジノは断固反対。(反対)

答1-5.

その他

「1-5.その他」の方は、内容をご記入下さい。

問2.

問1でお答えした理由がありましたらご記入下さい。

答2-1.

問3.

パチンコについてお聞きします。日本のパチンコについてどのようにお考えですか。以下の3つからお選び下さい。

答3-1.

賛成

答3-2.

反対

答3-3.

その他

「3-3.その他」の方は、内容をご記入下さい。

問4.

パチンコについてお聞きします。現在、日本では風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第23条により、ホール・景品交換所・景品問屋(いわゆる3店方式)などと、経営主体を分ける事でパチンコ店の換金システムが成り立っていますが、この点についてどのようにお考えですか。以下の7つからお選び下さい。

答4-1.

日本のパチンコ換金システムは煩わしいだけなので、ホールで直接換金できるよう、速やかに、法的整備を行うべき。(パチンコ賛成、3店方式撤廃派)

答4-2.

日本でカジノが認められると、パチンコとの整合性を検証する必要が出てくるので、当面、パチンコでは、3店方式などによる現在の換金システムを続け、カジノが合法化されてから、パチンコホール直接換金の法的整備を検討するべき。(パチンコ賛成、3店方式撤廃猶予派)

答4-3.

パチンコは日本にとって必要なもの。3店方式などによる現状の換金システムは、何ら問題ないので、このままこのシステムを存続させるべき。(パチンコ賛成、3店方式存続派)

答4-4.

パチンコは、最終的に金品を得る事のできる賭博で、日本での規制を強化し、もっと減らすべき。パチンコは反対の立場であり、3店方式などによる現状の換金システムは、その究極の妥協の産物。(パチンコ反対、3店方式存続派)

答4-5.

パチンコは、最終的に金品を得る事のできる賭博で、近い将来、日本で禁止すべき。現状、存続させる3店方式などによる換金システムは、パチンコ禁止と同時になくす。(パチンコ反対、3店方式撤廃猶予派)

答4-6.

パチンコは、最終的に金品を得る事のできる賭博で、速やかに、日本で禁止すべき。3店方式などによる現状の換金システムも容認できない。(パチンコ反対、3店方式撤廃派)

答4-7.

その他

「4-7.その他」の方は、内容をご記入下さい。

アンケート結果

第1回衆議院議員アンケート (2007年6月〜9月実施)

第1回参議院議員アンケート (2007年12月〜08年3月実施)

Copyright © 2006-2017 日本にカジノを,All rights reserved.