日本にカジノを

日本にカジノを−TOP

最前線リサーチ

第1回衆議院議員アンケート

第1回衆議院議員アンケート

第1回衆議院議員アンケート結果

 2007年6月から9月に行った第1回衆議院議員アンケートの結果です。衆議院議員480人全員に、Eメールまたはファックスによりアンケートを送付するという方法で実施しました。アンケート回収数は26件、回収率は5.4%となっています。
 問1のカジノについては、答1-1「日本でのカジノは早期に創設するべき。(賛成)」や答1-2「もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき。(どちらかと言えば賛成)」とお答えされた方が、ご返答者26人中20人いらっしゃり、カジノ賛成者比率は76.9%となりました。
 一方で、答1-4「日本でのカジノは断固反対。(反対)」や答1-3「日本でのカジノは認めるべきでないが、世論を重視したい。(どちらかと言えば反対)」とお答えされた方は、ご返答者26人中5人、カジノ反対者比率は19.2%になりました。
 政党別では、自民党議員の方のご返答者が14人です。その中で、答1-1「日本でのカジノは早期に創設するべき。(賛成)」や答1-2「もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき。(どちらかと言えば賛成)」とお答えされたカジノ賛成者は13人で、自民党議員ご返答者中、賛成比率が92.9%と高い割合を示しています。
 民主党議員の方のご返答者は11人です。答1-1「日本でのカジノは早期に創設するべき。(賛成)」や答1-2「もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき。(どちらかと言えば賛成)」とお答えされたカジノ賛成者は6人で、民主党議員ご返答者中、賛成比率が54.5%と約半数いらっしゃる事が分かります。
 公明党議員の方のご返答者は1人で、答1-2「もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき。(どちらかと言えば賛成)」とお答えいただいております。
アンケート結果詳細は、以下議員名をクリックしてください。(選挙区北から順、敬称略)

日本でのカジノは早期に創設するべき(賛成) 8人

自由民主党 6人
埼玉8区
北関東比例区
東海比例区
奈良3区
大分3区
九州比例区

民主党 2人
北海道8区
北陸信越比例区

もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき(どちらかと言えば賛成) 12人

自由民主党 7人
埼玉15区
東京7区
東京15区
東京20区
滋賀1区
大阪15区
九州比例区

民主党 4人
長野2区
大阪11区
四国比例区
九州比例区

公明党 1人
神奈川6区

日本でのカジノは認めるべきでないが、世論を重視したい(どちらかと言えば反対) 3人

民主党 2人
四国比例区
九州比例区

自由民主党 1人
四国比例区

日本でのカジノは断固反対(反対) 2人

民主党 2人
南関東比例区
東海比例区

その他 1人

民主党 1人
福島3区
 今回のアンケートにより、カジノやパチンコについて、様々なご論考をお持ちの方々がいらっしゃる事が分かり、大変参考になりました。カジノやパチンコの問題点は、顕在化させる事で、解決への糸口を見いだせるはずです。メリットのあるものには必ずデメリットも存在します。重要なのは、デメリットを極小化させるための努力です。
 本サイトでは、カジノやパチンコの問題点を洗い出し、提起していくつもりです。皆様からの、情報やご意見をお待ちしております。

当ページ記載の国会議員選挙区、所属政党、現職か否か等については、アンケート実施時点の状況に基づくものです。
(2007年10月11日 編集)

 第1回衆議院議員アンケート分析

問1「日本でのカジノ創設を実現するための、カジノ法案がほぼ完成していますが、カジノについてについてどのようにお考えですか」、および、問3「日本のパチンコについてどのようにお考えですか」の内訳

カジノ、パチンコ共に賛成 10人

カジノに賛成、パチンコは「その他」(答3-3)意見あり 7人

カジノに賛成だがパチンコには反対 3人

カジノ、パチンコ共に「その他」(答1-5、答3-3)意見あり 0人

カジノに反対だがパチンコには賛成 3人

カジノに反対、パチンコは「その他」(答3-3)意見あり 2人

カジノ、パチンコ共に反対 0人
 答1-1「日本でのカジノは早期に創設するべき。(賛成)」や答1-2「もう少し議論してから日本にカジノを認めるべき。(どちらかと言えば賛成)」とお答えいただいた方をカジノ賛成者、答1-4「日本でのカジノは断固反対。(反対)」や答1-3「日本でのカジノは認めるべきでないが、世論を重視したい。(どちらかと言えば反対)」とお答えいただいた方をカジノ反対者としております。
 鷲尾英一郎議員は、問3で、答3-1「賛成」と答3-3「その他」2つにお答えいただいておりますが、ここでは、『カジノに賛成、パチンコは「その他」(答3-3)意見あり』として集計しました。
 小川淳也議員は、問3で、答3-3「その他」をお選びいただき、その内容については述べられておりませんが、ここでは、『カジノに賛成、パチンコは「その他」(答3-3)意見あり』として集計しました。

答4-1.日本のパチンコ換金システムは煩わしいだけなので、ホールで直接換金できるよう、速やかに、法的整備を行うべき。(パチンコ賛成、3店方式撤廃派) 2人

答4-2.日本でカジノが認められると、パチンコとの整合性を検証する必要が出てくるので、当面、パチンコでは、3店方式などによる現在の換金システムを続け、カジノが合法化されてから、パチンコホール直接換金の法的整備を検討するべき。(パチンコ賛成、3店方式撤廃猶予派) 10人

答4-3.パチンコは日本にとって必要なもの。3店方式などによる現状の換金システムは、何ら問題ないので、このままこのシステムを存続させるべき。(パチンコ賛成、3店方式存続派) 4人

答4-4.パチンコは、最終的に金品を得る事のできる賭博で、日本での規制を強化し、もっと減らすべき。パチンコは反対の立場であり、3店方式などによる現状の換金システムは、その究極の妥協の産物。(パチンコ反対、3店方式存続派) 2人

答4-5.パチンコは、最終的に金品を得る事のできる賭博で、近い将来、日本で禁止すべき。現状、存続させる3店方式などによる換金システムは、パチンコ禁止と同時になくす。(パチンコ反対、3店方式撤廃猶予派) 0人

答4-6.パチンコは、最終的に金品を得る事のできる賭博で、速やかに、日本で禁止すべき。3店方式などによる現状の換金システムも容認できない。(パチンコ反対、3店方式撤廃派) 1人

答4-7.その他 5人

無回答の方や複数項目選択回答の方がいらっしゃいますので、ご返答者総数(26人)とは一致しておりません。

Copyright © 2006-2017 日本にカジノを,All rights reserved.