日本にカジノを

日本にカジノを−TOP

カジノ誘致を検討している国内の自治体

大阪府

大阪府

大阪府

 関西国際空港対岸に造成された泉佐野市りんくうタウンには、バブル時代の副都心計画一環として、千人収容できる国際会議場を備えた、りんくうゲートタワービル(高さ256m・総事業費659億円)が、1996年完成しました。
 しかし、バブル経済が既に崩壊していたため、この副都心計画が頓挫、その後、大阪府の第三セクターであるりんくうゲートタワービル株式会社は、2005年4月、大阪地裁に会社更生法適用を申請しました。同年12月には外資系企業が、りんくうゲートタワービル社を、ビル総事業費の1割に満たない金額で買収しています。
 大阪府は、泉佐野市へのカジノ誘致を提唱しています。これは、カジノを中核に、ショッピングセンターやレストランなど、家族で楽しめる施設をりんくうタウンに集積させる、「りんくうエンターテイメントゾーン」という計画です。
 1994年に開港した関西国際空港は、2007年、第2滑走路が完成した事で完全24時間運用が実現、日本経済の重要な役割を担っています。カジノによる再開発計画を実施するインフラ環境は整いました。残る課題は法整備だけです。
 08年2月に大阪府知事となった橋下徹氏は、大阪市南港地区埋め立て地へのカジノ誘致を検討しています。
 泉佐野市・大阪市以外にも、財団法人堺都市政策研究所や堺商工会議所が、堺市にカジノを建設する計画を立てています。これは、西部の埋め立て地第7-3区に、カジノホテル、ショッピング街、公園などを配置する臨海新都心構想です。
 先進国のカジノ事情を正しく理解する日本人がもっと増えれば、各都道府県内では、大阪府の様に、より多くのカジノ構想が浮上してくるでしょう。カジノに対して、大阪府は、日本で一番ホットな地域です。
(2010年9月29日 編集)

Copyright © 2006-2017 日本にカジノを,All rights reserved.

大阪市 堺市 泉佐野市